不動産の法律問題

_DSC21240001.png

不動産を巡るトラブルは、多くの方が経験するトラブルの類型の1つです。


一般の方にとっては賃貸マンションの家主様・オーナー様とのトラブル、持ち家の購入に関するトラブルが最も一般的です。逆に、複数の物件をお持ちの家主様・オーナー様の場合、不動産のトラブルに遭遇される確率は高くなります。

また、会社経営をされている場合は、事務所や工場、店舗、倉庫などを購入されたり、賃貸されるケースも多くなります。

・倉庫を賃貸しているが修繕費用を巡って、貸主と借主で揉めている。

・借主が建物を勝手に他人に又貸ししているので、出て行ってもらいたい。

・借主が家賃を滞納しており、家賃を支払うか、出て行ってもらいたい。

・賃貸借契約を締結する際の原状回復義務や修繕義務について相談したい。


このようなトラブルが発生した際には、弁護士に相談し、契約書がどのようになっているか、法律の専門家の解釈はどうか、というアドバイスを受けた上で対応されることをお奨めします。



 



不動産についての詳しい情報はこちらから

■不動産売買契約で失敗しないポイント   ■不動産賃貸契約で失敗しないポイント
■土地建物の明渡しの5つのステップ



法律相談のご予約

法律事務所リベロについてはこちら

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用
■ご相談の流れ ■当事務所へのアクセ ■相談予約フォーム ■解決事例