特定商取引法の対処法

_DSC21760001AA.png
特定商取引法(特商法)に対応する上で、特に注意すべき点として、次の点が挙げられます。

書面交付義務の履行

特商法には通信販売とネガティブオプションを除き、クーリング・オフ制度があり、事業者は全額返金のリスクを負っています。
一度に多数の消費者から返金を求められて倒産してしまうリス
クがあるので、クーリング・オフ制度には細心の注意が必要です

とりわけ、クーリング・オフ制度は、法定書面交付義務(概要書面と契約書面の交付義務)と密接に関係しており、書面に重大な不備がある
場合には、書面交付義務が履行されていないことになり、消費者は商品や役務の提供を受けているのにいつまでもクーリング・オフをして全額返金を求めることができることになります。そのため、書面交付義務の履行が最大の注意点となり、法定書面に必要的記載事項が書かれているかを慎重にチェックして基本となる契約書を作成する必要があります。

勧誘・広告規制の遵守

広告規制や勧誘に際しての行為規制が数多く定められていますので、勧誘や広告が規制を遵守しているかを常に監視する必要があります。

勧誘規制の違反が争われる際には「言った」「言わない」の争いになりますので、勧誘経過や契約手続の記録化をお勧めします。


消費者問題・クレーマー対策についての詳しい情報はこちらから

■消費者保護法     ■特定商取引法      ■消費者トラブル     ■クレーマー対策



法律相談のご予約

法律事務所リベロについてはこちら

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用
■ご相談の流れ ■当事務所へのアクセ ■相談予約フォーム ■解決事例