知的財産問題でお困りの企業様へ

_DSC21010001.png  
知的財産の分野は、専門性が高いため一般に弁護士が広く取り扱っている分野ではありません。
しかし、当事務所では、所長である渡辺が理工系の大学、大学院を卒業後、特許事務所に勤務し、特許明細書作成・中間処理業務等に多く携わってきたことから、知的財産権の問題には特に力を入れています。そして、弁護士、弁理士双方の観点からアドバイスさせて頂いております
 

 

<特許関連>

○新たな技術を他社に真似されないよう、特許申請や実用新案申請を依頼したい。
○競合他社が類似製品を作っている。
○当社の商品について、類似製品であるという警告書が届いた。

<商標関連>

○競合他社の社名、商品名等が、いわゆる当社のパクリであり、消費者の誤認を狙っていると思われる。
○当社の商品名等について、商標権の侵害であるとの警告書が届いた。

上記のような、知的財産に関するご相談にも対応しておりますので、ご相談下さい。


知的財産に関する詳しい情報はこちらから

■知的財産 ■特許権 ■実用新案権 ■意匠権
■商標権 ■不正競争防止法 ■著作権法  

当事務所は、上記のような知的財産に関するご相談にも対応しておりますので、ご相談下さい


法律相談のご予約

法律事務所リベロについてはこちら

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用
■ご相談の流れ ■当事務所へのアクセ ■相談予約フォーム ■解決事例